トランスジェンダー
「救急外来で嫌な思い」、調査

「見世物になった」と感じる患者も、米国で対策始まる

NATIONAL GEOGRAPHIC

文=Susmita Baral/訳=ルーバー荒井ハンナ
PHOTOGRAPH BY ANNA SCHROLL, FOTOGLORIA/LUZ/REDUX

京都産業大学による見どころチェック!

救急なのに、そこでの反応まで心配しなければならない!?

トランスジェンダーには特有のニーズがある。米国で進む医療者の教育

教育やシステム構築…自ら解決に乗り出したトランスジェンダーたち

 病院の救急外来に駆け込むような状況になれば、誰であっても精神的に弱くなるものだが、トランスジェンダー(生物学的な性と自認する性が一致しない人)の心の負担はさらに大きい。トランスジェンダー特有の健康問題を知らない医療スタッフが多いために、患者は偏見のない満足な治療を受けられるのかという不安に駆られるのだ。

 その結果が、トランスジェンダーの健康に関する憂慮すべき統計となって表れている。 

「見世物にされた」体験

 現在、米国人のおよそ0.6~0.7%がトランスジェンダーを自認している。彼らが病気に罹患する確率や死亡率は、全人口と比較して異常に高い。その理由のひとつとなっているのが、救急医療の受診をためらうトランスジェンダーが多いことだ。定期健診すら受けようとしない人もいる。(参考記事:「曖昧になる男女の境界」

 トランスジェンダーの救急医療に関してアンケート調査を行ったところ、救急外来を受診した成人トランスジェンダーのほとんどが、トランスジェンダー特有の問題に、医療者が十分に対応できなかったと答えている。

 例えば、多くの医療者はトランスジェンダーの意味を理解せず、ホルモン治療の副作用や性別適合手術による合併症など、トランスジェンダー特有の症状に関する治療経験も知識も持っていなかった。この調査結果は、学術誌「Annals of Emergency Medicine」2月号に掲載された。

 ある回答者は、病院で「見世物になったようだった」と答えている。ほかにも、同様の経験談が多く寄せられた。彼らが救急外来に行きたがらないのは、まさにこうした理由からである。誤った処置を施されたり、差別やハラスメントを恐れているためだ。(参考記事:「ありのままの自分で 米国の少女たち」

「救急外来に駆け込まなければならないほど体が弱っている時に、

NATIONAL GEOGRAPHIC
日本版サイトへ

シェアする

関連する学び

あわせて読みたい記事

害虫

シロアリに「森を守る保険」の役割、実験で解明 干ばつになると倍増して土壌の湿度を維持、ボルネオ島で研究 NATIONAL GEOGRAPHIC

先住民も長年アマゾンを焼いてきた、今との違いは 古生態学があぶりだすアマゾン森林火災の深層 NATIONAL GEOGRAPHIC

生命

アルツハイマー病、パーキンソン病…。 難病克服の鍵が「核」の中に見えてきた。 世界初!核内の分解標的タンパク質を核外に運び出すメカニズムが解明された 京都産業大学
記事一覧に戻る