絵文字の肌の色は
人種差別につながるのか?

10億件のTwitter投稿を調査した

NATIONAL GEOGRAPHIC

文=ELAINA ZACHOS/訳=米井 香織
PHOTOGRAPH BY ARNO BURGI, PICTURE-ALLIANCE/DPA/AP

京都産業大学による見どころチェック!

全6種類の「肌色」が選べるようになった、顔の絵文字

色とりどりの世界

絵文字で肌の色を選ぶ行為は、自分が何者だと考えているかを示す

 2010年、絵文字がユニコードコンソーシアムに正式に認められたとき、顔の色は黄色だけだった。その後2015年には肌の色を増やせるようになり、今では黄色以外に「ペールホワイト」(白)や「ダーケストブラウン」(暗褐色)まで、肌の色は6色から選べる。

 絵文字の肌の色を選べるようにしようという提案に、当初は反対する声も上がった。ソーシャルメディアで悪用され、人種差別を誘発するというのがその根拠だ。一方、利用者の肌の色と同じ色の絵文字がほしいという意見もあった。

 最新の研究によれば、ソーシャルメディア上で絵文字の肌の色を悪用する例はほとんどなく、色を増やしたことは、デジタル世界における多様性の受け入れにつながっているようだ。

 ナショナル ジオグラフィック誌の編集者で、文化担当のデブラ・アダムズ・シモンズ氏は「利用者が自分の姿を表すのに絵文字やアバターを使うのはもっともなことです」と言う。シモンズ氏は歴史学者、ジャーナリスト、写真家たちといっしょに、人種に焦点を当てた2018年4月号の特集記事を編集した。(参考記事:「本誌2018年4月号 人種と遺伝子」) 

肌の色の研究

 10億件のTwitterの投稿を調べた英エディンバラ大学の研究によると、絵文字の肌の色を変えた人のほとんどが、自分の肌に近い色を選んでいたことがわかった。また、肌の色が明るい人に比べ、肌の色が暗い人のほうが絵文字を変えることが多いことも判明した。アイデンティティーはネットでも表現することが重要だと、人々が考えていることを示したものと研究者は見ている。中には、自分の肌の色と違う色を絵文字に使う利用者もいたが、

NATIONAL GEOGRAPHIC
日本版サイトへ

シェアする

関連する学び

あわせて読みたい記事

環境

米国で有毒物質を 最も多く排出する意外な街 自給自足の伝統的な暮らしを脅かす鉱山による汚染 NATIONAL GEOGRAPHIC

冷戦

去りゆく平成。 冷戦時代と現代の相違 平成のはじまりを象徴する「ベルリンの壁崩壊」。その後あらわれた「新たな壁」とは? 京都産業大学

環境

シャチを脅かす亡霊、禁止された有毒化学物質 30~50年後に世界のシャチの半数が消えるかもしれない、最新研究 NATIONAL GEOGRAPHIC
記事一覧に戻る