実はこんなに違う、米国とカナダの感謝祭

同じ祝日だが日付もルーツも違う、そして盛り上がり度合いも?

NATIONAL GEOGRAPHIC

文=ERIN BLAKEMORE/訳=鈴木和博
(PHOTOGRAPH BY SAMANTHA VUIGNIER, CORBIS/GETTY)

京都産業大学による見どころチェック!

米国の感謝祭のルーツは、英国からやってきた入植者の存在

米国の感謝祭、その勢いは発祥であるカナダを上回る

感謝祭を祝日としない3つの州。共通項は宗派にあった

  11月の第4木曜日に米国で盛大に祝われる感謝祭(サンクスギビング・デー)。実はカナダにも同じ祝日があるが、日付やルーツなど違っている点も多いという。

 米国の感謝祭のルーツは、英国からやってきた入植者「ピルグリム・ファーザーズ」が1621年に最初の収穫を祝ったこととされる。現在は、七面鳥やカボチャのパイが振る舞われることでも知られている。(参考記事:「植民地建設当時のアメリカ」

 カナダの感謝祭は少し違う。日付は10月の第2月曜日と、米国より1カ月半ほど早い。そのルーツも、英国からの入植者たちが米国で収穫を祝った1621年より40年以上も早く、16世紀までさかのぼることができる。

 カナダの感謝祭の始まりは1578年。北西航路を探して英国を出港した探検家、サー・マーティン・フロビッシャーの一行が、ヌナブト(カナダ領土の最北端)にたどり着いたあと、集まって食事をしたときとされる。ビスケットやコンビーフ、マッシーピーと呼ばれる豆料理が振る舞われた祝宴だった。(参考記事:「北極探検で沈んだ19世紀の軍艦、驚きの内部を公開」

 彼らは、英国国教会の礼拝も行った。牧師は説教のなかで、「危険極まりない場所で、思いがけず助かった奇跡を神に深く感謝するようにいざなった」という。

生き延びた入植者たちの宴

  米国の先住民もカナダの先住民も、はるか昔から秋の収穫を祝ってきた。カナダ本土に入植した白人も、それに従おうとした。

 フランスからカナダへの入植は苦難の連続だった。なかでも厳しかったのは、1604年にファンディ湾のセント・クロア島で壊血病が流行したときだ。入植者は警告を無視して前進を続けた結果、氷に閉じ込められ、数カ月間も島で孤立することになった。カナダの先住民に救われるまでに、半数が壊血病で死亡していた。(参考記事:「大航海時代の船乗りを震え上がらせた壊血病」

  生き延びた人々は、現在のノバスコシア州にあるポートロワイヤルに移住した。そこで、カナダを開拓したフランス人探検家、サミュエル・ド・シャンプランは、入植者を元気づけるため、「Ordre de Bon Temps」と呼ぶ一連の宴を催した。最初の宴は1616年、感謝祭らしく11月に先住民のミクマク族を招いて行われた。

 カナダで感謝祭が国の行事になったのは1859年のことで、米国よりも早い(米国では、1863年のゲティスバーグの戦いの後、エイブラハム・リンカーンが国の祝日とした)。(参考記事:「リンカーン 最期の旅」

 ただし、感謝祭の日付が統一されて毎年の行事となるまでには、何十年もの年月が必要だった。カナダ国会が10月の第2月曜日を感謝祭としたのは、1957年のことだ。米国では、その頃すでに11月の第4木曜日が感謝祭に制定されていた。

 感謝祭を祝うカナダ人は多いが、ノバスコシア州、プリンスエドワードアイランド州、ニューブランズウィック州の3つの州では祝日にはなっていない。カトリック色が強いケベック州でもあまり重視されていない。(参考記事:「知られざる入植者たちの歴史 ──ノバスコシアとニューブランズウィック」

 また、米国の感謝祭は旅行やショッピングの一大イベントになっているが、カナダはそうではない。感謝祭を祝い始めたのはカナダの方が早いが、祝い方は米国の方がはるかに盛大だ。

NATIONAL GEOGRAPHIC
日本版サイトへ

シェアする

関連する学び

あわせて読みたい記事

ダイエット

糖質制限はダイエットの大敵!? 脂肪燃焼の味方、筋肉が減っていく 現代社会に増える「隠れ肥満」が、日本を滅ぼす。 京都産業大学

USA

「米国第一主義」の 意味を考える トランプ大統領の行動を捉え直す「歴史的視点」 京都産業大学

文化

ウィンブルドンの 美しい芝生は科学の結晶 改良重ね管理を徹底、期間中は気象学者も活躍 NATIONAL GEOGRAPHIC
記事一覧に戻る