米国が攻撃するかもしれないイランの文化遺産

国際条約に反して、トランプ大統領が攻撃を示唆

NATIONAL GEOGRAPHIC

文=KRISTIN ROMEY/訳=鈴木和博
(PHOTOGRAPH BY RICHARD I'ANSON, GETTY IMAGES)

京都産業大学による見どころチェック!

米国大統領のツイートが炎上。ネット上で攻撃を示唆した理由

発言の背景はイラン人による米国人の拷問にあった

広がる波紋、1954年ハーグ条約に反するという意見も

 イランには世界的に重要なたくさんの史跡が存在し、うち22カ所はユネスコ世界遺産に登録されている。古代の都に残る遺跡はかつての大帝国の威厳を保ち、当時の画期的な地下水道は今も砂漠の都市を潤し続け、イスラム教シーア派の聖地には何百万という人々が巡礼に訪れている。ユネスコは、イランの都市全体が普遍的な歴史的重要性を持つとしている。(参考記事:「ギャラリー:守りたい!危機にある世界遺産、23選」

  2020年1月に、米国のトランプ大統領はツイッターでイランの文化遺産を攻撃すると警告した。その一連のツイートが文化遺産関係者から猛烈な批判を浴びている。

 文化遺産の保護は、武力紛争の際の文化財の保護について定めた1954年ハーグ条約と、1972年の世界文化遺産および自然遺産の保護に関する条約で明文化されている。これらの条約には、米国もイランも調印している。(参考記事:「略奪される歴史 文化財の闇取引を追う」

 1954年ハーグ条約は、南北戦争の真っ只中にエイブラハム・リンカーンが署名して法律化された米国の文書がもとになっていると指摘する人も多い。この法律には、こう書かれている。「歴史的な芸術作品、書庫、科学的収蔵品、天体望遠鏡などの貴重な器具および医療施設は、たとえ包囲や爆撃の対象になっている城塞内にあったとしても、回避可能なあらゆる被害から守られなければならない」

脅かされているのは人間としての誇り

  イランで特に貴重な遺跡と言えるのは、古代ペルシャ帝国の中心地だったパサルガダエとペルセポリスだ。2000年以上を経た今でも、これらの遺跡からは壮大なビジョンと芸術性が感じられる。ヤズドやシューシュタルという都市には、水の力を使って何千年も砂漠の都市に緑をもたらし続けてきた古代の職人たちの画期的な技術が残されている。

 ビソトゥーンの碑文には、ペルシャ皇帝ダレイオスの勝利を祝う文章が複数の言語で刻まれており、ロゼッタ・ストーンに匹敵するとも言われている。さらに、イスファハンの精巧な金曜モスク、神秘的な空間が広がるシャイフ・サフィー・ユッディーンの修道院と聖者廟複合体、7世紀のキリスト教修道院である聖タデウス修道院といった歴史的な宗教施設も存在する。これらはいずれも、西アジアの中心に根づいている豊かな多様性を表しているものだ。(参考記事:「1400年前の古代水路が現代の水不足を救う、研究」

 1月5日、トランプ大統領はイランの文化遺産を狙うという脅しを重ねるとともに、大統領専用機「エアフォースワン」に同乗していた記者に対して、1954年ハーグ条約の有効性に疑問を投げかけた。「イランは米国人を拷問して傷つけ、路上に爆弾を仕掛けて米国人を殺している。それで我々はイランの文化遺産に触れることは許されないのか? そうはいかない」(1月8日時点で、トランプ大統領はどの文化遺産を狙うのかは明らかにしていない)

  戦時中に文化遺産を保護することが成文化されているのには正当な理由がある。建造物や記念物はコミュニティや文化の価値を反映するもので、一体感や永続感といった重要な感覚をもたらす。そういったものを破壊することは、人々のアイデンティティを抹消する行為に等しい。(参考記事:「「イスラム国」が破壊した文化遺産」

「イスラム国(IS)」が敵対する宗派の史跡を狙ったり、セルビア軍がサラエボの国立図書館を爆破したりしたのも同様の行為だ。平時であっても、このような喪失は痛ましい。そのことは、ノートルダム大聖堂やブラジル国立博物館の火災からもわかるはずだ。(参考記事:「収蔵品の約9割を消失、火災のブラジル国立博物館」

※この記事は、ナショナル ジオグラフィック日本版サイトが2020年1月8日に掲載したものです。

NATIONAL GEOGRAPHIC
日本版サイトへ

シェアする

関連する学び

あわせて読みたい記事

冒険

実は世界一周を成し遂げていなかったマゼラン 出発から500年、矛盾の多かった人物と航海、そして複雑な評価 NATIONAL GEOGRAPHIC

自然災害

森林火災で火災積乱雲が発生、まるで地獄絵図、豪 火の粉を数キロ先まで飛ばす激しい風と雷が発生 NATIONAL GEOGRAPHIC

彗星

彗星は、 太陽系の過去の情報を内に秘めた化石!? 爆発的な増光をしたホームズ彗星は太陽から遠く冷たい場所で誕生した 京都産業大学
記事一覧に戻る