サメはクラシックより
ジャズが好き、餌で「学習」

音に対する学習能力の研究で判明、オーストラリアのネコザメ

NATIONAL GEOGRAPHIC

文=Elaina Zachos/訳=三枝小夜子
PHOTOGRAPH BY FRED BAVENDAM, MINDEN PICTURES/NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE

京都産業大学による見どころチェック!

海のギャングが隠し持つ「高尚」な知性

サメを脅かす「海の騒音公害」

サメを救うのは、人類のイメージ転換

 新たな研究によると、サメは意外に洗練されているようだ。

 ほかの魚と同様、サメは音を頼りに活動する。音波は水中では空気中の4倍の速さで伝わるため、魚はしばしば音を利用して食物を見つけ、敵から隠れる場所を探し、ほかの魚とコミュニケーションしている。

 では、一般の魚より賢いとされるサメは、音楽を聞き分けたり、楽曲と食物を結びつけたりできるのだろうか? オーストラリア、マッコーリー大学魚類研究所の博士課程に在籍するカタリナ・ビラ=ポウカ氏とカラム・ブラウン准教授は、ポートジャクソンネコザメ(Heterodontus portusjacksoni)に餌を使ってジャズを認識、学習させることに成功した。

 彼らの研究成果は、学術誌「Animal Cognition(動物認知)」に発表された。 

ファンキーなのを頼むよ!

 瀕死の獲物が死ぬ前に水中でのたうち回るとき、「ヤミー・ハム(yummy hum)」と呼ばれる低い音が生じて、大型の捕食者を引きつける。これは断続的な細かいパルス音で、サメは単調な連続音よりこのような音の方を好む。(参考記事:「【動画】ホホジロザメがダイバーの入った檻に突入」

 そこで、ビラ=ポウカ氏らはさらに、サメが音楽的な刺激を餌と関連づけることを学習したり、さまざまな刺激を識別したりできるのではないかと考えた。彼らはまた、個々のサメの性格特性が認知機能に影響を及ぼしているかどうかも調べようとした。これまでの研究から、サメにも人間のように、社交的、内向的などの性格特性がある証拠が得られているからだ。(参考記事:「水族館脱走タコ、愛嬌ある性格で人気の若者だった」) 

 この研究のため、研究者たちは若いポートジャクソンネコザメの水槽の片側にスピーカを設置し、ほかの音楽より特に反応がよかったジャズを流して、特定の場所に行くと餌をもらえることを学習させた。その結果、

NATIONAL GEOGRAPHIC
日本版サイトへ

シェアする

関連する学び

あわせて読みたい記事

地域

観光概念の転機か? 「島で遊ぶ」から「島を遊ぶ」へ 地元のハモをどう料理する? インスタグラム上での対決が生んだ、小豆島観光資源の再発見 京都産業大学

ダイエット

糖質制限はダイエットの大敵!? 脂肪燃焼の味方、筋肉が減っていく 現代社会に増える「隠れ肥満」が、日本を滅ぼす。 京都産業大学

宇宙探査

彗星の飛来を待ち構えろ! 彗星、観測大作戦。 神山天文台の研究チームが参加するコメット・インターセプター彗星探査計画 京都産業大学
記事一覧に戻る