当局発表:ツタンカーメンの
隠し部屋はなかった

論争を呼んだ「隠し部屋」問題、入念なレーダー調査でついに決着か

NATIONAL GEOGRAPHIC

文=Kristin Romey/訳=山内百合子
PHOTOGRAPH BY KENNETH GARRETT, NATIONAL GEOGRAPHIC

京都産業大学による見どころチェック!

王家の謎に惑わされた研究者たち

研究者を惑わした、「ゴースト信号」

王家の幻が、新たなる「発見」を生む。

 エジプト、王家の谷にあるツタンカーメン王墓で入念なレーダースキャンが実施され、玄室の壁の奥にあると期待された隠し部屋や通路が、いずれも存在しないことが決定的に判明したと、エジプト高官が発表した。

 ギザの大エジプト博物館(GEM)で開かれていた第4回国際ツタンカーメン大エジプト博物館会議の中で、エジプト考古最高評議会のムスタファ・ワジリ事務局長の代理人が明らかにした。

 調査が始まったきっかけは、ナショナル ジオグラフィックが支援するエジプト学者ニコラス・リーブス氏が、3300年前のツタンカーメンの墓の後ろに第18王朝の伝説の女王ネフェルティティの墓が隠されているという仮説を提唱したことだ。以来、3年にわたって繰り返されてきた調査は、今回の発表によって残念な結末を迎えた。(参考記事:「ツタンカーメンの墓に隠し部屋か」) 

 リーブス氏の説を検証するため、これまでにも2度、地中探査レーダー(GPR)を使った隠し部屋や通路の探査が行われたが、決定的な証拠は得られていなかった。 

 3度目となる直近のレーダー調査は、ナショナル ジオグラフィック協会の支援を受け、イタリア、トリノ工科大学のフランコ・ポルチェリ氏を中心とする合同科学チームが今年初めに実施した。これまでで最も包括的な調査だった。 

 5月5日にポルチェリ氏がワジリ氏とエジプト考古相カーレド・エル・アナニ氏に提出した報告書は、「ツタンカーメンの墓の隣に隠し部屋が存在するという仮説は、GPRのデータでは裏付けられないと、大いに自信を持って結論する」という言葉で締めくくられている。 

相反する2度の調査結果

 GPRは、一般に石油やガス、その他の鉱物資源を探すために使われる遠隔探査技術だが、考古学調査にもますます不可欠なツールになっている。墓や通路のような、地中にある人工の空間を、壊れやすい古代遺跡を傷つけずに見つけ出すことができるからだ。(参考記事:「21世紀中に解明されそうな古代ミステリー7つ」) 

 2015年には、レーダー技術者の渡辺広勝氏がツタンカーメンの墓をGPRスキャンで調査し、玄室の北と西の壁に隠された入口がある証拠を

NATIONAL GEOGRAPHIC
日本版サイトへ

シェアする

関連する学び

あわせて読みたい記事

地域

過疎が転じて地域を富ます。 活気とは人口ではなく、出会いの密度。 築100年の古民家と、竹で灯したイルミネーションが過疎地域を照らす 京都産業大学

記憶

記憶とは何か―脳はどう覚え、保ち、失うのか 期間、意識や感情の関わりなど、さまざまな記憶の種類とメカニズム NATIONAL GEOGRAPHIC

醸造技術

インカ以前、ワリ帝国「ビール外交」の謎を解明 なぜ彼らは滅亡寸前まで大宴会を開けたのか、古代アンデス文明 NATIONAL GEOGRAPHIC
記事一覧に戻る