ヒット曲はますますヒット、
鳥で判明、最新研究

500年以上同じ歌を伝承するヌマウタスズメ、動物にも「伝統文化」

NATIONAL GEOGRAPHIC

文=Annie Roth/訳=三枝小夜子
PHOTOGRAPH BY ROBERT LACHLAN

京都産業大学による見どころチェック!

鳥世界の「ヘビーローテーション」

北米の湿地に1000年響きわたる歌の秘密

ヒトの営みが鳥の伝統継承を脅かす

 毎年夏になると、北米の湿地には数千羽のヌマウタスズメ(Melospiza georgiana)の明るい鳴き声が響きわたる。この小さな茶色の鳥たちは数曲の歌しか知らないが、どの鳥も完璧にマスターしている。

 科学者たちはこのほど、人気のある歌を覚えるという理由により、ヌマウタスズメが500年以上同じ歌を歌い継いでいることを発見し、6月20日付けの「Nature Communications」に発表した。ヌマウタスズメの幼鳥は、成鳥が歌う歌を厳密に模倣し、歌のレパートリーは長年ほとんど変わっていない。科学者たちは、ヌマウタスズメが人間と同じくらい正確に文化を伝え、守っていると主張している。(参考記事:「700年前のサルの道具を発見、100世代継承」

 人間と同様、ヌマウタスズメの幼鳥は周囲の成鳥を真似してコミュニケーションの仕方を学ぶ。そして、ヒット曲ばかり覚える人間の子どものように、ヌマウタスズメの幼鳥も、頻繁に歌われている人気の歌を選んで学習する。これは学習における「同調バイアス」と呼ばれる傾向で、つい最近まで人間にしかないものとされていた。(参考記事:「【動画】鳥が自作の道具でリズム刻む、人以外で初」

「私たちは、ヌマウタスズメが歌を学習する際に間違えることがほとんどないこと、そして、どんな歌でも学習されるわけではなく、頻繁に歌われる歌だけが学習されることを示すことができました」と、英ロンドン大学クイーンメアリー校の生物学者で、論文の筆頭著者であるロバート・ラクラン氏は言う。(参考記事:「マッコウクジラ、群れごとに文化を形成か」

 ラクラン氏らは、2008年から2009年まで、米国北東部の615羽のオスのヌマウタスズメの鳴き声を記録した。彼らは音響分析ソフトを使ってそれぞれの歌を音符(音節)に分解し、その組み立てにどのくらい多様性があるかを測定した。 

NATIONAL GEOGRAPHIC
日本版サイトへ

シェアする

関連する学び

あわせて読みたい記事

生命

人体の中のグローバル社会!? 細胞内の隔壁は、つながりの場でもあった オルガネラ(細胞小器官)間相互作用の可視化に成功 京都産業大学

スペクトル

星の「七色」から組成物質を突き止めろ 追究を阻む「吸収線」が解き明かされた 近赤外線波長域での詳細なA型星ライン・カタログが、世界で初めて公開された 京都産業大学

宇宙

5500光年も離れた「死にゆく星」からのサイン そのカギは「赤外線高分散分光」。世界最先端の天文観測装置が、星の終焉を受け止める。 京都産業大学
記事一覧に戻る