「人と恐竜は共存できる」
科学的で確かな理由

恐竜を復活できる? すると何が起きる? 科学者に聞いてみた

NATIONAL GEOGRAPHIC

文=JOHN PICKRELL/訳=米井香織
PHOTOGRAPH BY SEAN GALLUP, GETTY IMAGES

京都産業大学による見どころチェック!

映画の世界が現実に!?恐竜再生に取り組む世界の科学者たち

再生した恐竜と人類は共存できるか?

鳥は恐竜の末裔。既に実現されてきた“共存”が未来のヒントを示す

 このたび公開される映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』で、人はある道徳的なジレンマに直面する。孤島に閉じ込められた恐竜が、火山噴火によって絶滅の危機にさらされたとき、科学の力で恐竜を救うのか?それとも、再び絶滅させるのか?

 その前に、そもそも恐竜をよみがえらせることなど本当に可能なのだろうか?もし可能だとしたら、私たちは古代の動物と地球を共有することになる。すると、いったい何が起きるのだろう?科学者たちに話を聞いてみた。

6600万年前のDNAを採取できるか

「ジュラシック・パーク」シリーズでは、科学者たちが琥珀に閉じ込められた蚊から、恐竜のDNAを採取する。現実の世界でも、昆虫などの無脊椎動物が琥珀の中から大量に発見されている。その一例が、白亜紀に生きていた吸血性のダニだ。

 だが、1993年にシリーズ1作目が公開されたときから比べると、科学は進歩し、現在はフィクションの一歩先を行っている。2016年後半、恐竜の尾が琥珀の中から発見されたのだ。しかも、極めて保存状態が良く、羽毛や皮膚も残されていた。(参考記事:「最新映画の恐竜は時代遅れ、専門家指摘」

 ただし、たとえ琥珀の中から化石化した恐竜の一部が発見されたり、有機物の痕跡がわかる恐竜の化石がほかに見つかったりしても、無傷のDNAが出てくる可能性は残念ながらほとんどない。

 小惑星が地球に衝突し、大量絶滅が起きたのは6600万年前。DNAはこれほど長く残らないと今のところ考えられている。

「化石記録に残っている最古のDNAは約100万年前のものです。そのため、ジュラシック・パークのようにDNAから恐竜を再生するのは不可能です」と、大英自然史博物館の古生物学者スージー・メイドメント氏は話す。

 しかしながら、メイドメント氏は次のように補足した。「タンパク質などの軟組織に関しては、もっと古い証拠がどんどん見つかっています。そのため、恐竜の化石からDNAを採取するのは完全に不可能だと言い切れないと思います」

NATIONAL GEOGRAPHIC
日本版サイトへ

シェアする

関連する学び

あわせて読みたい記事

食べ物

議論呼ぶ7200年前の器から見つかった古代チーズ 本当に地中海沿岸地域で最古と言い切れるのか 発表が物議かもす NATIONAL GEOGRAPHIC

文化

記憶の書き換え、いつ実現? マウスでは成功 うつ病やPTSDの治療に期待、ただし倫理的な課題も NATIONAL GEOGRAPHIC

難病

「傷ついたDNA」を修復する 酵素の基質認識機構を探る 抗がん剤への新たなアプローチ 京都産業大学
記事一覧に戻る