大気汚染で認知能力が低下、年齢が高いほど顕著

男性であること、教育水準が低いことも影響強める、研究

NATIONAL GEOGRAPHIC

文=Sarah Gibbens/訳=山内百合子
Photography by Kevin Frayer, Getty Images

京都産業大学による見どころチェック!

大気汚染が体全体に行き渡る!?

粒子状物質が健康に最も有害な大気汚染物質

世界中で10人に9人が汚染された空気を吸っている

 汚れた空気を吸うと肺が傷つけられるだけでなく、知能が低下する可能性があることが新たな研究で示された。

 8月27日付けの学術誌「米国科学アカデミー紀要(PNAS)」に発表された論文によると、粒子状物質、二酸化硫黄、および二酸化窒素に長期間さらされた場合、年齢が高くなるほど認知能力が低下し、言語と数学のテストの成績が悪化することが明らかになった。さらに、男性であることと、教育水準が低い場合には影響がより大きかった。

 大気汚染物質が具体的にどのように脳に作用するのかについては、科学者や公衆衛生の職員などがいまも研究を続けている。

「おそらく脳の『白質』という部分により大きなダメージを与えるのではないかと推測しています。言語能力に関連する部分です」と、北京師範大学の統計学者で論文の著者の1人であるシン・チャン氏は述べている。(参考記事:「「青空は年に数日」 中国・大気汚染と闘う街」

 過去の研究により、脳の白質は女性より男性のほうが少ないことがわかっている。白質が損傷を受けるとすると、もともと白質が少ない男性のほうが、認知能力が低下するリスクは高い。

「このメカニズムを理解するには、もっと多くの研究が必要です」とチャン氏は言う。

 今回の研究は重要な関連を強調しているものの、大気汚染がどのように脳を変化させるのかについて、もっと数量的に把握する必要があると、米コロラド大学公衆衛生大学院の学長であるジョナサン・サメット氏は述べる。大気汚染と脳の健康について盛んに研究されるようになったのはこの10年ほどだ。しかし、肺にどのように粒子が入り、その表面を覆うのかについては、理解が進んできていると言う。

「肺は汚染物質の侵入口です。肺の表面積はテニスコート1面分ほどもあるため、影響を受けやすいのです。私たちは1日に1万リットルの空気を吸っています」

 サメット氏もチャン氏と同様に、汚染粒子がどのように脳に入り込み、どのくらいの期間とどまり、どんな機能に影響を及ぼすのかといった具体的なメカニズムを理解するには、さらなる研究が必要だと言う。

NATIONAL GEOGRAPHIC
日本版サイトへ

シェアする

関連する学び

あわせて読みたい記事

リハビリテーション

下半身まひ患者が歩行可能に、脊髄に電気刺激で 電気刺激を利用して神経経路を再編成 NATIONAL GEOGRAPHIC

心理

若き音楽家はなぜ博物館の 鳥300体を盗んだのか 趣味から執着へ、美しく希少な羽に魂を奪われた男 NATIONAL GEOGRAPHIC

生命

アルツハイマー病、パーキンソン病…。 難病克服の鍵が「核」の中に見えてきた。 世界初!核内の分解標的タンパク質を核外に運び出すメカニズムが解明された 京都産業大学
記事一覧に戻る