米国のモーテルにインド系経営者が多い理由

多くがグジャラート州の「パテル一族」出身

NATIONAL GEOGRAPHIC

文=Yudhijit Bhattacharjee/写真=Ismail Ferdous/訳=ルーバー荒井ハンナ
PHOTOGRAPH BY ISMAIL FERDOUS

京都産業大学による見どころチェック!

第二次世界大戦後、同郷の移民を受け入れたあるモーテル

ローン契約は「握手だけ」。同郷のつながりが事業を育てる

生活がそのまま仕事。受け継がれる勤勉の精神

 1970年代初め、米国へ移民としてやってきたばかりのジャヤンティバイ・パテル氏は、寝る間も惜しんで働いた。昼はサンフランシスコの銀行で、夜は町のさびれた一角にあるビンセントホテルの業務に追われた。このホテルは、パテル氏が米国に移り住んで間もなく購入したものだ。努力は報われ、1980年代にはふたりの息子とともにカリフォルニア州でモーテルやホテルをいくつも経営するようになった。4年前にパテル氏は他界し、現在は孫娘たちが後を引き継いで事業を続けている。

ナショナル ジオグラフィック9月号では、インド系の米国人がアメリカン・ドリームを手にする特集「夢をつかむ南アジア系米国人」を掲載しています。

 パテル家の成功物語は、米国のモーテル業界で存在感を増すインド系米国人の一例に過ぎない。今や、米国にあるモーテルの約半分をインド系米国人が所有している。その多くは、祖国グジャラート州の勤勉なパテル一族の出身であるため、パテル・モーテル・カルテルなどと呼ばれることもある。移民の両親が経営するモーテルで育った2世や3世の子どもたちは、起業家精神と勤勉の倫理観を培い、親から受け継いだ事業を発展させたり、新規事業を立ち上げたりしている。(参考記事:「白人が少数派になる米国で今、何が起きているか」

「おじや父のやり方は、とても家庭的な経営スタイルでした」と、ジャヤンティバイ・パテル氏の孫娘であるカトキさんは語る。現在、カトキさんは家族が経営するサンノゼの会社、ロータスマネジメントで財務を担当している。カトキさんの姉プラティマさんは、2006年から会社の会計を一元管理するようになった。おかげで、融資者や投資家は会社の管理する不動産の財政状態を容易に評価できるようになった。

NATIONAL GEOGRAPHIC
日本版サイトへ

シェアする

関連する学び

あわせて読みたい記事

環境

地球の最低気温を更新、 -94℃、南極の高地 「ほとんど別の惑星」と科学者、衛星からの観測データを解析 NATIONAL GEOGRAPHIC

依存

スマホがあると退屈で集中力低下、海外の研究事例 恩恵と弊害、スマホとの共生は人間にとってのチャレンジだ NATIONAL GEOGRAPHIC

心理

若き音楽家はなぜ博物館の 鳥300体を盗んだのか 趣味から執着へ、美しく希少な羽に魂を奪われた男 NATIONAL GEOGRAPHIC
記事一覧に戻る