天の川銀河、100億年前に小銀河をのみ込んだ

現代の銀河を逆向きに動く星々、実は衝突した銀河の名残だった

NATIONAL GEOGRAPHIC

文=Nadia Drake/訳=三枝小夜子
PHOTOGRAPH BY ESA, NASA, NAT GEO IMAGE COLLECTION

京都産業大学による見どころチェック!

銀河内を“逆走する”恒星の存在理由

銀河は食欲旺盛。隣の銀河を恒星ごと飲み込む

吸収する頻度を解明し、銀河の家系図作成へ

 今から100億年前、私たちの太陽系を含む天の川銀河(銀河系)に、小さな銀河が衝突した。最近になって、銀河系の星々の中に、この矮小銀河の名残が発見された。高性能の望遠鏡があれば、地球から見上げる夜空にその矮小銀河の星々が輝いて見える。この星々は現在、太陽からそう遠くない、銀河を包むハローの中に落ち着いている。(参考記事:「ハッブル望遠鏡 50の傑作画像」

 研究者らは、この星々の奇妙な運動をさかのぼることで、はるかな昔に矮小銀河との衝突があったことを明らかにした。

 11月1日付け科学誌「ネイチャー」に論文を発表したオランダ、フローニンゲン大学の天文学者アミナ・ヘルミ氏は、「これらの恒星は銀河系のほとんどの恒星とは逆方向に動いています」と言う。

 銀河どうしの衝突は特にめずらしいものではない。宇宙望遠鏡があれば、巨大な銀河どうしが融合する現場を見ることができる。銀河どうしの衝突は、一見、非常に激しい現象のように思われるが、宇宙は広大で、恒星どうしは遠く離れているため、恒星どうしが衝突して消滅するようなことはほとんどない。それよりは、巨大な銀河が小さな銀河を捕まえてのみ込み、さらに大きくなることの方が多い。(参考記事:「銀河衝突の結末をNASAがとらえた、3億光年先」

 銀河どうしの衝突についての研究は進んでいるが、2つの大きな問題が残っている。1つは、このような衝突はどのくらいの頻度で起こるのかという問題だ。もう1つは、今ある銀河は2、3回の大規模な衝突によって形成されたのか、それとも小規模な衝突を何度も繰り返しながら形成されたのかという問題だ。

NATIONAL GEOGRAPHIC
日本版サイトへ

シェアする

関連する学び

あわせて読みたい記事

安全

五感をクラウド! 人というセンサが津々浦々を変える IoTによるバス安全運転支援システムの開発が、社会を安全にする 京都産業大学

経営

米国のモーテルにインド系経営者が多い理由 多くがグジャラート州の「パテル一族」出身 NATIONAL GEOGRAPHIC

アレクサンドロス大王の墓、21年がかりで探求 大王の像や王家の住居などを発掘、ギリシャ人考古学者の挑戦 NATIONAL GEOGRAPHIC
記事一覧に戻る