夏の異常気象、2100年までに1.5倍に? 最新研究

熱波、洪水、干ばつ、山火事など北半球の気象災害の原因、極端気象の長期化で

NATIONAL GEOGRAPHIC

文=STEPHEN LEAHY/訳=牧野建志
PHOTOGRAPH BY COLE BURSTON, AFP/ GETTY IMAGES

京都産業大学による見どころチェック!

温暖化が引き起こす、遅い“気流”の弊害

蛇行するジェット気流が、異常気象を引き起こす

石炭使用制限で、気流の流れを取り戻せ

 2018年の夏、北半球では、前例のない熱波や干ばつ、洪水、山火事などが多発した。これらの気象災害は、北極の急速な温暖化によってもたらされる大気の状態と関連がある。10月31日付けの学術誌「Science Advances」に発表された新たな論文によると、このまま地球温暖化が続けば、こうした気象災害は2100年までに平均で1.5倍に増え、最大で3倍になる恐れもあるという。

 史上最悪の被害をもたらした米カリフォルニア州の山火事や、ヨーロッパの熱波、前代未聞の北極圏での森林火災、日本の洪水はすべて、上空のジェット気流が遅くなり、極端な気象状況が長引いたために起きた、と論文の筆頭著者で、米ペンシルベニア州立大学の気候学者マイケル・マン氏は言う。(参考記事:「より遅く危険になる台風、上陸後の速度は30%減」

 2018年の夏だけではない。2011年に米国のテキサス州からオクラホマ州にかけて起きた干ばつ、2013年にヨーロッパを襲った洪水、2015年には米カリフォルニア州で、2016年にはカナダのアルバータ州で発生した山火事なども、北極の気温が上昇し、ジェット気流が乱れたことと関係がある。

「テレビ番組やニュースなどで報じられる気候変動の影響を、私たちは目の当たりにしているのです」とマン氏は話す。(参考記事:「地球温暖化の影響は想定より深刻、IPCCが警告」

 このまま化石燃料を燃やし続ければ、こうした災害はさらに多く、より激しくなると同氏は言う。「炭素の排出量を減らす対策をただちに取らなければ、大幅に悪化する可能性があります」

 くしくもこの論文と同じ10月31日付けで学術誌「ネイチャー」に発表された新たな論文では、近年、世界中の海が、これまで考えられていたよりも多くの熱を吸収してきたと示唆された。つまり、人為的に排出された温室効果ガスにより、温暖化はさらに加速する可能性があり、ひいては気象への影響も強まるかもしれない。

NATIONAL GEOGRAPHIC
日本版サイトへ

シェアする

関連する学び

あわせて読みたい記事

マラソン

岩山を登り断崖を横断 規格外のウルトラマラソン 動画で紹介。オマーン初開催の140キロにおよぶ過酷なアドベンチャーレース NATIONAL GEOGRAPHIC

冷戦

去りゆく平成。 冷戦時代と現代の相違 平成のはじまりを象徴する「ベルリンの壁崩壊」。その後あらわれた「新たな壁」とは? 京都産業大学

考古学

古代都市消滅の謎 1500年前のゴミ捨て場から解明 ローマ時代の古代都市エルサ。イスラム勃興で衰退との定説を覆したのはゴミだった NATIONAL GEOGRAPHIC
記事一覧に戻る