バイオプラスチックは環境に優しいって本当?

プラスチック代替品としての潜在能力を専門家に聞いた

NATIONAL GEOGRAPHIC

文=SARAH GIBBENS/訳=牧野建志
PHOTOGRAPH BY REBECCA HALE AND MARK THIESSEN, NATIONAL GEOGRAPHIC

京都産業大学による見どころチェック!

たらればの上に成り立つ“地球にやさしい”という幻想

埋め立て・リサイクル・堆肥化。3つの処理方法

結局は使い手次第。ノウハウなしでは脅威となる

 プラスチックの代替品として、「バイオプラスチック」が注目されている。

 頭に「バイオ」と付くと地球に優しい製品のようだが、果たしてバイオプラスチックは環境問題に有効なのか? 石油由来のプラスチックと同じように便利に扱えて、かつ環境への負荷が少ない材料なのだろうか?

 科学者やメーカー、環境の専門家が口をそろえて言うのが、バイオプラスチックの利点は、多くの「たられば」の上に成り立つものであり、一概に有効とは言えないということだ。

 そもそもバイオプラスチックとは何だろうか?

 バイオプラスチックとは単に、石油からではなく、植物などの生物由来原料から作られたプラスチックのことで、英語ではバイオベースプラスチックと呼ばれることも多い。

 こうしたプラスチックには、トウモロコシやサトウキビのような植物の成分からつくられるポリ乳酸(PLA)や、微生物が合成するポリヒドロキシアルカン酸(PHA)などがある。PLAは食品包装に広く使われている一方、PHAは縫合糸や心臓血管用パッチのように医療用途で使われることが多い。

 PLAはエタノールなどと同様に大規模工場で生産されるため、価格も安価で、ボトルや食器、繊維製品などに広く使われている。(参考記事:「欧米で回避されるBPA、代替物質も有害?」

炭素排出削減には有効そうだが

 「バイオベースプラスチックについての議論は、カーボンフットプリントの削減に関するものです」とバイオプラスチックを研究する米ミシガン州立大学の化学工学者ラマニ・ナラヤン氏は言う。

 世界の石油の約8%がプラスチック製造に使われている。バイオプラスチックを推進する人々は、この石油使用量を削減できることが、バイオプラスチックの大きな利点であると語ることが多い。この議論は、「バイオプラスチックを廃棄することで放出される炭素は、植物が成長する際に吸収した炭素を循環させているだけ」という考えに基づいている。つまり化石燃料を使うプラスチックに比べて植物由来のプラスチックのほうが、炭素の循環にかかる時間が短いため、大気中の二酸化炭素濃度への影響、ひいては地球温暖化に対する影響が少ないという考えだ。

NATIONAL GEOGRAPHIC
日本版サイトへ

シェアする

関連する学び

あわせて読みたい記事

結氷

川に巨大な氷の円盤が出現、どうやってできた? 米メイン州の「ミステリーサークル」、自然現象のメカニズムは NATIONAL GEOGRAPHIC

地域

過疎が転じて地域を富ます。 活気とは人口ではなく、出会いの密度。 築100年の古民家と、竹で灯したイルミネーションが過疎地域を照らす 京都産業大学

多様性

人々を癒すセラピー犬、 犬はどう感じている? 小児がん病棟のセラピー犬を科学的に調査、最大規模の研究結果 NATIONAL GEOGRAPHIC
記事一覧に戻る