虫の羽音を聞く植物を発見、「耳」は花、研究

ハチの羽音を聞いて3分で蜜の糖度が上昇、授粉を有利に

NATIONAL GEOGRAPHIC

文=Michelle Z Donahue/訳=ルーバー荒井ハンナ
PHOTOGRAPH BY DENNIS FRATES/ ALAMY

京都産業大学による見どころチェック!

ハチの羽音で花が甘くなる

花はハチと同じ周波数を持っていた

音をとらえる感覚器官は耳だけではない

 どんなに静かな日でも、この世界は音に満ちている。鳥のさえずり、風にそよぐ木の葉、忙しく働く虫の羽音。捕食者と獲物は、どちらも互いの存在に耳を澄ます。

 音は生命にとって、またその生き残りにとって、とても基本的な要素だ。そこで、イスラエルにあるテルアビブ大学の研究者リラク・ハダニー氏は疑問に思った。「音を感知できるのは動物だけなのだろうか? 植物も感知できるとしたら?」 この仮説を検証した結果が、論文投稿するサイト「BioRxiv」に発表された。それによると、少なくともこの実験では、植物には音を聞く能力があるという結果が出た。それは植物の進化に有利に働く能力だった。

 ハダニー氏の研究チームがマツヨイグサ属の花(Oenothera drummondii)を使って実験したところ、花粉を媒介するハチの羽の振動を感じ取ってから数分のうちに、蜜の糖度が一時的に高くなったことがわかった。つまり、花が耳の役割をもち、ハチの羽音の特定の周波数だけを拾って、風などの関係ない音を無視していた。(参考記事:「植物は虫の咀嚼音を“聞いて”いる?」

甘い音

 進化論者として、ハダニー氏は音が自然界の普遍的な資源であることに気が付いた。そうであれば、植物が音を利用しないのは、資源を無駄にしていることになる。動物と同じように植物も音を聞き、それに反応する能力を備えていれば、自分の遺伝子を後世に残す確率を上げられるはずだ。

 植物にとって、授粉は繁殖のカギを握っている。そこで、ハダニー氏らはまず花を研究することにした。テルアビブのビーチや公園に自生するマツヨイグサを研究対象に選んだのは、開花期間が長く、計測可能な量の蜜を生産するためだ。(参考記事:「【動画】花粉を食べる珍しいゴキブリ、授粉も?」

 研究チームは、マツヨイグサに5種類の音を聞かせた。無音、録音したミツバチの羽音、コンピューターで生成した低周波音、中周波音、そして高周波音だ。

 すると、振動を防ぐガラス瓶に入れられて無音の状態にさらされた花は、蜜の糖度に目立った変化を起こさなかった。高周波音(15万8000~16万ヘルツ)と中周波音(3万4000~3万5000ヘルツ)を聞かされた植物にも変化はなかった。ところが、ハチの羽音(200~500ヘルツにピーク)と、それと似た低周波音(50~1000ヘルツ)を聞かされた植物は、音を聞かされてから3分以内に、12~17%だった蜜の糖度を20%まで上昇させた。(参考記事:「動物界最高音で鳴く新種のキリギリス」

 蜜が甘くなれば花粉を媒介する昆虫を多く引き寄せ、授粉の成功率を高めるのだろうと、研究チームは考えている。実際、野外での観察でも、いちど花粉媒介者が訪れた花に次の花粉媒介者が近づく確率は、6分以内で9倍以上高くなることを彼らは確かめた。

「仮説通りの結果が出たときには、とても驚きました」と、ハダニー氏はいう。「条件や季節を変えて、室内と室外で育った植物の両方で実験を繰り返した後、私たちはこの研究結果に自信を持っています」(参考記事:「【動画】きっと驚く!花々のタイムラプス 5選」

NATIONAL GEOGRAPHIC
日本版サイトへ

シェアする

関連する学び

あわせて読みたい記事

自然

謎の地震が世界を駆け巡る、20分超継続、原因不明 アフリカ東沖で11月に発生、ハワイにまで届くも誰も気づかず NATIONAL GEOGRAPHIC

生命

アルツハイマー病、パーキンソン病…。 難病克服の鍵が「核」の中に見えてきた。 世界初!核内の分解標的タンパク質を核外に運び出すメカニズムが解明された 京都産業大学

情報

【動画】魚に擬態する水中ロボ、 米MITが開発 魚たちに警戒されず至近距離で観察することに成功 NATIONAL GEOGRAPHIC
記事一覧に戻る