今年の旅行はどう変わる? 専門家が注目するトレンド

追体験型・一歩進んだ持続可能な観光・混まない旅先など、オススメの旅のアイデア

NATIONAL GEOGRAPHIC

文=JESSICA FLINT/訳=山内百合子
PHOTOGRAPH BY JULIAN BOUND, NAT GEO IMAGE COLLECTION

京都産業大学による見どころチェック!

目的のある旅が2019年のトレンドに

安全で混雑しない観光地も人気となる

冒険心をくすぐり旅先に浸れることも次のテーマに

 旅のトレンドはめまぐるしく変わる。ナショジオが2019年の旅のトレンドを業界トップの専門家にアンケートしたところ、全員の回答に共通したのは「今年人気になるのは目的を持つ旅」ということだった。「目的を意識的に持って旅を楽しみたい人が増えています」と話すのは、アフリカ旅行を専門にするロアー・アフリカ社の創設者のデボラ・カルメイヤーCEOだ。

 これから見ていく旅行トレンドの本質は、旅を通じて自分を超える存在とのつながりを探すものと言えそうだ。また旅の目的も、旅先が失われてしまう前に見ておこうというよりも、旅先を次代に残すために訪問しようということに変わりつつある。

地元志向の「持続可能な観光」

「持続可能性」は旅においても例外ではなくなり、持続可能な観光も年々重視されている。例えば、アフリカでは地元を巻き込んでの観光による自然保護が進む。エピック・プライベート・ジャーニーズ社のブラッド・ホーン氏は「地元の人びとが直接利益を享受できなければ、アフリカの野生生物に未来はないというのが私たちの考えです。当社はそれを観光という形で実現しようとしています。観光客が増えれば、それだけ地元の人たち自らが、その土地の植物相や動物相を保護しようとする動機になりますから」

 さらに一歩進んで、旅先をより豊かにしたいという思いを持つ人に向けた「ボランティア旅行」も登場している。REIアドベンチャーズ社のシンシア・ダンバー氏によれば、同社が提供するボランティア・バケーションプログラムは、2年間で参加者が2倍以上に増えるほど人気を集めているという。「ボランティア旅行は、今後も人々の関心を集めるでしょう」と同氏は話す。 (参考記事:「青く輝く世界遺産 フィリピン棚田の絶景」

 こうした旅先のコミュニティを重視した旅の影響は「旅行後に現れる」とロアー・アフリカ社のデボラ・カルメイヤー氏は指摘する。「従来型の旅は、手付かずの自然を訪ねることで、自然と人との結びつきを再確認しようというものでした。でも、持続可能性を目的にした旅を経験すれば、世界中のどこにいても、日々の生活の中に地球の現状を改善するためにできることがあることを実感できるのです」

NATIONAL GEOGRAPHIC
日本版サイトへ

シェアする

関連する学び

あわせて読みたい記事

環境

地球の最低気温を更新、 -94℃、南極の高地 「ほとんど別の惑星」と科学者、衛星からの観測データを解析 NATIONAL GEOGRAPHIC

文化

米国初の海底美術館がオープン、なぜ海底なのか? 単なる芸術鑑賞を超える、海底ならではの意味 NATIONAL GEOGRAPHIC

漁業

衛星で漁船を追跡、なんと 海面の55%超で漁業が 地球規模のデータを水産資源の持続可能な管理に役立てる NATIONAL GEOGRAPHIC
記事一覧に戻る