激変した「イギリス人」の顔を一挙復元、4万年分

脱EUと移民問題で揺れる英国、大陸とのつながり色濃く、英博物館

NATIONAL GEOGRAPHIC

文=Kristin Romey/訳=ルーバー荒井ハンナ
COURTESY ROYAL PAVILION & MUSEUMS, BRIGHTON & HOVE

京都産業大学による見どころチェック!

新たに復元された7人の顔が語る複雑な歴史

古代ヨーロッパ人のゲノム解析で正確に顔を推測

科学の力で地元民の人生も明らかとなる

 昨年、褐色の肌に青い瞳を持った1万年前のイギリス人「チェダーマン」の顔が復元され、世界的に話題となった。これをきっかけに、ブレグジットと移民問題で揺れる英国で、真の「先住民」は誰なのかという論争に火が付いた。(参考記事:「1万年前の「チェダーマン」復元! 肌は黒、目は青」

 そしてこのたび、新たに7人の「地元民」の顔が公開された。主にイングランド南部の海岸で発見された頭骨を基に、法医学の技術を使って復元したもので、なかには4万年前のネアンデルタール人も含まれている。それらは、この地域の歴史がこれまで考えられていたよりもはるかに複雑であったことを物語っている。7人の顔は、1月26日から英国ブライトン博物館・美術館で展示されている。

 博物館のコレクション管理責任者リチャード・ル・ソー氏の説明によると、7人のうち5人は、サセックス州南東部の町ブライトン周辺で発掘された紛れもない「地元民」であるという。最も新しい人物は、死亡時の年齢が40代の男性で、1980年代にビルの建設現場で発見された。ローマ人によるブリタニアの支配が終わり、大陸からゲルマン人が侵入した6世紀のアングロ・サクソン時代に生きていた人物だ。なお、イングランドという名称はこのアングロという言葉に由来する。

 残りは最も古い2人で、ネアンデルタール人女性と初期の現生人類の男性だ。実は、欧州のほかの地域で発見された頭骨を使って復元したものだが、約4万年前のブライトンにはネアンデルタール人と現生人類がともに生きていたことが知られているため、今回の7人に含まれた。(参考記事:「少女の両親は、ネアンデルタール人とデニソワ人」

大陸と陸続きだった時期も

 14カ月かけて古代のイギリス人の顔を復元したのは、考古学者で彫刻家のオスカー・ニルソン氏である。他に、1200年前のペルーの貴婦人や9000年前のギリシャに住んでいた10代少女の顔の復元を手がけたこともある。ニルソン氏はまず頭骨をスキャンし、3Dプリンターで正確な立体模型をプリントする。それに、その人物の出身地、性別、死亡時の推定年齢といった情報から、骨の構造や肉の厚みを決め、手で肉付けする。(参考記事:「【動画】マグダラのマリアの顔を復元、真贋不明」

 最近の古代ヨーロッパ人のゲノム解析により、肌、頭髪、瞳の色はある程度正確に推測できるようになった。例えば、7人の1人である5600年前の「ホワイトホークウーマン」が属していた新石器時代の人々は、1万年前のチェダーマンなどよりも肌の色が薄く、瞳の色が濃い。一方、後にユーラシア大陸からやって来た4400年前の「ディッチリングロードマン」は、肌と瞳の色がもっと薄かった。彼は、その頃に大陸からブリテン島に押し寄せ始めたビーカー人と呼ばれる農民の集団に属していた。(参考記事:「ネアンデルタール人の暮らし、なんと週単位で判明」

NATIONAL GEOGRAPHIC
日本版サイトへ

シェアする

関連する学び

あわせて読みたい記事

アレクサンドロス大王の墓、21年がかりで探求 大王の像や王家の住居などを発掘、ギリシャ人考古学者の挑戦 NATIONAL GEOGRAPHIC

彗星

彗星は、 太陽系の過去の情報を内に秘めた化石!? 爆発的な増光をしたホームズ彗星は太陽から遠く冷たい場所で誕生した 京都産業大学

アイデア

ハテナソンという、 知的挑戦 アイデアソン、ハッカソンに続く、京都発の新たな知的プロセスがいま、社会に普及中 京都産業大学
記事一覧に戻る